アタックの処理

Category: 研究



アタックを受ける場合、実はボールの落ちる場所は決まっています。


アの場所からアタックを受けた時、


(2枚ブロックがついた時)


アタッカーとしては、ブロックが2枚ある場合


打つ場所(落とす)は限られてきます。


そこを予測しほとんど落ちてこないであろう場所は捨てます。


まず、アタッカーのねらい目は1番か2番です。


1番はブロックしてない人がそこに構えればOKです。


2番はフェイントなので、取れる人がいけば、これもチャンスボールです。


レシーブポジションの人は2番、3番、4番の位置をアタッカーとブロックの位置で瞬時に、


選ばないといけません。


もしブロックがピッタリそろっていたら、1番か2番にフェイントを頭に入れておきましょう。


レシーブの人は3番に移動です。


2番のフェイントはできれば、任せましょう。


4番の可能性もありますが、


ブロックのストレート側を強打かブロックの上を巻いて落とすしかないので、


アタッカーの心理からすれば、


3番に決めたいところです。


3番を狙った方がコートに入る確率も上がるからです。


なので、3番付近にいれば、大体ボールはそこにきます。


5番にボールが落ちるときは、ブロックが割れていたり、


巻いたボールが手前に落ちたり、1枚ブロックの時などです。


予測した場所にボールがくれば、


レシーブが一番プレーの中で楽しくなると思います。


アタッカー心理を考えたら、何となくここに打ってくるなと


分かってきますので、敵チームが今、何を考えているのかを、


考えるのも、勝つ近道になりますね。


あと、アタッカーにも癖があります。


大体同じとこにしかボールは落ちませんので、


一本決められたら、そこにはってもいいかもです。


でも先に移動してたらダメですよ。


アタッカーもきちんと、見てますからね。


だから、どんなに高くから打たれても、見えない位置から巻かれて打たれても、



絶対取れます。



チームで決め事を作っておいてもいいかもしれません。


フェイントはだけ絶対取る人とか、


コートの隅のボールだけとるとかですね。


そこにボールが落ちるかも知れないという予想が大事です。


頭の中に次のボールの動きが予測できるだけで、


レシーブ力も格段にアップしますので、


試合を見るときでも、そんな風に見たら面白いと思います。





スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0