オーバーパス

Category: 研究
ビーチでのオーバーパスですが、


バレーと違い力がいりません。



膝を曲げ足の力をボールに伝えることは、


あまりありません。



ただ、遠くにボールを飛ばしたい時は、


足の力を伝えた方がいいです。



イメージでは自分自身がバネになる感じです。


ボールの下に入り


膝を曲げて、伸ばします。



そのまま下から伝わった力を腰から腕に


そして、肘から手に順番に伝えていきます。


この動作は、やってみると、


早い動作なので、下から上に伸びあがる感じで、


ボールを使わず練習しましょう。


練習方法として、


誰かにバスケットボールを持ってもらって、


オーバーパスの形を作り、


その場でオーバーパスをしながら、押してみます。


もう一人の方は、ちょっとボールを押してあげて、


相手がバネみたいにはねかえってくる感じができるまで、やってみて下さい。



手は広げて主に人差し指、中指、親指の三本でボールを包んであげます。



残りの2本は添えるだけです。


肘は狭めた方がいいかもしれません。


肘が向く方向にトスをする感じです。



肘と小指でトスしたい方向を決めるようにします。



ビーチのトスは高くあげたり、遠くにあげると



ボールが途中で変化したりしますので、


包み込んでトスをするより、


ボールを指で弾いてトスをあげてもいいです。


同じように力を伝え、最後に指の平で弾く感じです。



バックトスは、普通より難しいので、


これはまた次回に書き込みます。








スポンサーサイト

コメント:1

コメントの投稿

トラックバック:0