低いトス、高いトス

Category: 未分類

トスのコントロールが出来るようになったら、


状況に合わせて、高いトスや、低いトスを使い分けることもいいですね。


低いトスは、早いとさらにいいかもしれません。


低いトスの時に、ブロックが2枚付いてたりしたときは、


なかなかアタッカーも大変なので、ブロックが1枚になるように低い早いトスとか、


ブロックがない状態にするために使った方がいいですね。


高いトスは、味方レシーブが乱れたときや、


通常の攻撃の時がいいと思います。


高さもアタッカーによっては、高すぎると打てないとか、


ネットに近すぎると打てないとかありますから、


コントロールは重要です。


どちらにしても、アタッカーに伝わってないといけないので、


ゲーム中は、アイコンタクトをするとか、


チャンスの時は低いトスとか決めごとにしておくとか、あとはサインを


出しておくなど工夫してやることもいいですね。


決めて当然でアタッカーが決めてくれたら、気持ちいいですよ。


それにはまずオーバーパスが上手くないといけないんですけどね。




スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0