人に教える

Category: 未分類

人に教えるのって難しいって思ってます。


やっぱり、聞かれたら応えるだけでいいじゃないかなって思ってます。


もともと、こうしたらいいよって人に教えたことは、あまりないので、


今までと変わらないんですが、相手が聞きたがってないと、言ってもダメだなって思います。


監督や、コーチという立場があればもう少し話を聞くと思いますが、


同じ選手であれば、何を言っても伝わらないと感じてます。


同じ立場であれば、その人に対して、憧れや尊敬があり、かつ聞きたいと思った時に、


初めて人は行動に起こすと思ってます。


チーム内でも、他のチームでも、今までバレーをしていたチームでも、


チームメイト同士で、こうしたらいいとか、こういう風に打ったらいいよとか、


こんな時はこうかまえてみたらなど、アドバイスのような感じで、声をかけたりする人がいました。


私も言ったことありますし、言われたことあります。


言ってる方は、良かれと思ってるんですが、聞いてるほうは、どう思ってるかいえば、


中には素直になるほどと思う人もいれば、なんでお前に言われなきゃいけないんだと、


思う人もいます。


こういったことは、社会でも同じ事で、チーム内も小さいコミュニティですから、


相手がどう思ってるのかをきちんと考えてあげないと、


チームで摩擦が生じると思います。


チーム内で少し上手いプレイヤーが、そんな風に言ってたら、


チームとしては強くならないし、周りも上手くならないです。


だから、スポーツは監督やコーチといった立場の人が必要だと思ってます。


社会人での団体スポーツは、ほとんど監督やコーチなどいませんから、


チームを強くするのはなかなか難しいです。


人に教えるというより、姿勢や背中を見せる方が、


周りがついてくるんじゃないかなって思います。


なので、周りに憧れられたり、尊敬されたりするようにまず自分が、


かんばらないといけないですね。



スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0