落とす場所

Category: 研究
アタッカーにトスが上がったら、アタッカーはただ打つだけだと、

ビーチの場合は、ブロックにつかまりますので、

ボールを相手コートのどこに落とすかを決めたりしないと、

いけないんですが、

アタッカーが考える時間も必要で、低いトスや、

ネットに近いトスの場合は、打つとこも限定されます。

なので、アタッカーは最初から、ネットに近いトスが上がってきたり、

低いトスや、ネットから離れたトスのときは、

ある程度、落とす場所を決めていたほうが、

ミスを防げます。

レシーバーに読まれることもありますが、ミスしてしまうよりはいいと思います。

そのバリエーションの数が多いほど、決まる確率は上がると思います。

自分の打ち方をよく考えて、ここに上がったら100パーセントここに打てるところを、

沢山増やしていきましょう。

ブロックが3枚ついてもフェイントで落とせるとか、

2枚だったら、クロスに打てるとか、

高いブロックは吸い込みを狙えるなど、

1つずつ出来るようになれば、決定率は上げていけると思います。

巻き打ちが出来なくても、大丈夫です。

巻いて打つのも選択肢の一つですし、いつも巻いてしか打てないと、

コースも読みやすいので、威力や高さがないと、

簡単に取れますから、アタッカーとしての幅はなくなると思います。

自分の打ち方と落とす場所を考えて、アタッカーは決定率を上げていきましょう。

(一回で決めなくても、ブロックに当てて戻す選択肢もありますよ。)

スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0