3枚ブロック

Category: 研究
相手チームによっては常に3枚ブロックでくるチームもあります。

3枚ブロックにつかれると、なかなかブロックをかわすのは難しくなってきますが、

アタッカーは気持ちで負けてたら、ブロックにつかまりやすくなるので、

まずなんとかする気持ちを持ちましょう。

高さのある人は、ブロックの指先に当てるように打つと

いいと思います。

出来れば、真ん中ブロッカーの上がいいと思います。

クロス側はレシーバーがいる可能性があるので、

ストレートか真ん中ブロッカーの指先を狙うのがいいと感じます。

ブロックの上が難しい人は、ブロックの両端の、指か肘がいいと思います。

とにかくワンタッチを取るんですが、相手が取りにくいワンタッチになるように、

強く打つことも大事です。

ブロックで1回なので、決まらなくても、チャンスボールがきますし、

相手アタッカーも打ちにくいので、レシーブも出来る可能性が生まれます。

3枚ブロックがついたら、1回で決めようとせず、

ワンタッチを取り、チャンスボールを迎えて、相手の体制が崩れたところを決めるところ

まで考えて、アタックを打つようにしていくと、

結構決まってくると思います。

フェイントでかわせる人はフェイントでもいいと思いますが、

相手チームは3枚ブロックにしてフェイントを誘ってますので、

そこも気をつけておく必要があります。

ブロックの間が空いてれば、狙える人は狙ってもいいかもしれませんが、

ビーチはボールが大きいので、カンブロを食らうこともあります。


9人制のバレーは4枚つくこともありますし、

即効や時間差を使っても、3枚つくこともあります。

強いチームは、アックモーションから一回ブロックにわざと当てて、

逆サイドトスして決めることをよくやってますし、強いチームで戦う時は、

なかなか1回で決まることも少ないです。

9人制もオーバーネットが出来ないので、この方法が結構使われてます。

アタックも、フェイントも、相手のミスも1点には変わらないので、

どうにかする気持ちと、どうするかとか、どうしたいかという発想が必要だと思います。

だからアタッカーはやってておもしろいと感じます。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0