レシーブのコツ

Category: 思い出
高校の先輩でレシーブの上手い先輩がいました。

アタックも打てて、当時はセッターの対角のポジションでした。

その先輩といつからか、仲良くなって、パスをしてる時に、

ちょっと聞いたことが、私の中でかなり響いたのを覚えてます。

レシーブなんで上手いんですか?ってきくと、

「レシーブが一番簡単よ」って言われました。

レシーブを組んだ手のボールが当たるところ、(スポット)に当てるだけでいいんよ。

と言われ、なるほどと思いました。

どんなボールがきても、そこに当てれば勝手にボールが上がると言うから

最初は、あんただから出来るんだと思ってましたが、

しばらく練習してるとその意味がわかりはじめ、レシーブが上手くなっていきました。

上手に出来る人は、シンプルに考えてるし、

コツを知ってるんだなと思いました。

今でも、何事も誰かが上手にやってるってことは、その人はコツに気づいてるんだと

思えるようになり、とりあえずコツがわかるまでやってみようと思うようになりました。

でも、そんなに何でもすぐにコツを掴めないんですけどね。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0