手の当て方

Category: 研究
アタックを打ったりするときに、手の当て方を工夫して、打ってみると

バリエーションも広がります。



アタックはボールの赤いところをミート出来るようにして打つのが基本です。

青いところに当てれば左右どちらかに回転がかかりながら進んでいきます。

茶色の真ん中は当て方にもよりますが、回転がかからなかったり、逆回転になったりします。

いいブロッカーは腕の振りや肘の高さを見て、ブロックする位置や手の形や角度を変えてきますから、

ミートする時にどこに手を当てて、ブロックをかわすのかも、考えておかないといけませんね。

私もよくありますが、手の平にボールが当たらなかったりする人は、

ボールに手が当たるまで見るか、感覚をもう一度確かめておくことがいいと思います。

自分がミートしたいボールの位置をしっかりイメージしておくことです。

空間にボールがあるとイメージして素振りをしておきましょう。

いろんな当て方を試してボールに変化をつけて、ワンタッチを取ったりしてもおもしろいと思います。


アタッカーは最低ワンタッチを取ることが重要だと思います。

ブロッカーの指先や、開いてる肘や隙間を最後まで見て狙って打たないと

なかなか決まりません。

普通に打てるようになったら、少しずつ工夫してみてはどうでしょう。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0