狙うところ

Category: 研究
サーブやアタック、フェイントも狙うところ決めた方が、

決まる確率は高くなると思います。狙うところも人がいないところとはかぎりません。

サーブだったら、レシーバーの間とか、レシーバーの顔あたりとか、肩あたりとか、

人を狙う場合もあります。

その場合は、狙ったところにボールがいったときに次どうなるかを考えて狙うともっと効果的

になると思います。

仮にレシーバーの間を狙って、そこにボールがいったときは、レシーバーがお見合いする可能性がありますから、

サービスエースをとれるかもしれません。

あがったとしても、いいっカットができる可能性は少ないですよね。

もう一つ、レシーバーの顔や肩を狙ったときは、レシーバーはオーバーでレシーブするか、アンダーでレシーブ

するかの判断に迷いますから、いいカットが出来ない可能性が高まりますし、

仮にカット出来ても、反射的に手を出したりするので、

前にボールが飛ぶ可能性が高いです。

そうすると、セッターがトスに間に合わなくなったり、あげられてもセッターの

身体の向いてる方向にトスする可能性が高まります。

こういったようにプレーを限定する可能性が高くなるところを狙うことも重要になります。

最初は全部できませんから、どれが1個でいいので、

決めごとを作ってやってみるのもいいと思います。

例えば、フェイントは必ずブロックの指を狙うとか、サーブはコートの奥を狙うとかですね。

そうしてると、だいたい同じような結果が起こりますから、自分の中でここに狙ったら、

次にボールはこっちに飛んでくとかわかってきます。

そうなると、先読みがしやすくなるので、動きにも無駄がなくなってきますね。

サービスエースや、アタックを決めることも重要ですが、決まらないこともありますし、

決まらないほうが多いですから、一回で決めるというより、2日目、3回目まで予測し決めていくことが

重要です。

私がよくやるのは、わざと2アタックさせるようにしたりとか、アタックミスさせたりします。

これも絶対ではないですけど、高い確率で出来るようになります。

そうやってゲームをコントロールしていく方法もありますよ。

全員が同じように考えていたらいいですが、何も狙わない、狙えない人もいると思います。

それはそれでいいと思います。いろんな考えでみんなコートに立ってますので、それがチームのカラー

になると思います。








スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0