訂正します。

Category: つぶやき
M☆N STAR




前回のブログでポジションを間違えてました。


1番はコートの右前の方でした。


2番は同じで左前の人。


3番は左後ろ。


4番は同じで右後ろでした。


すみません






最近はサーブを研究しております。


サーブは早く打とうと思っていました。


ですが、早いサーブを打つとミスも増えてしまいます。


せっかく、いいプレーで点が取れたとき、サーブ権が回ってきたときに、


サーブミスをしてしまうと、チームもリズムにのれません。


必ずいれないといけないけれど、チャンスボールではサーブミスと


変わらないので、狙う場所を決め確実にそこに打つか、


ある程度早いサーブで、ボールに変化をさせるかの


2種類のうちわけをしています。


バレーボールでも、もっともとりにくいサーブは、


無回転ジャンプサーブです。


ボールが変化するとセッターの周りにボールが返る確立が少なくなります。


第一レシーブを崩すことができれば、サービスエースをとらなくてもいいです。


ただビーチでは無回転サーブを打つのはかなりの技術がいります。


実は私も研究と練習を重ねています。


でも確実に狙っていくサーブはできるので、試合はこちらを使ってます。


サーブは打ち方に決まりがあります。(他の県は結構ゆるい)


まず足が動いてはいけないそうです。(つま先がついてればいいらしいです)


振る腕は体の中心より内側にはいってはいけないそうです。


見る人によって違ってきます。(あいまい・・・)


あと下から打たないとダメです。


早く打つコツは腕が一番伸びたところで当てることです。


なるべく体の近く。腕が一番下の位置。


イメージとして低い位置でインパクトします。


目線は自分が狙う位置とネットの上段すれすれです。


そうすれば、ボールもそこに飛ぶはずです。


早いサーブを打つのに実は力はいりません。


インパクトの瞬間にちょっと力を入れるだけです。


打つのは手のひらでも手のこうでもいいです。


手のひらはコントロールしやすいですが、スピードは落ちます。


手のこうはスピード上がりますが、コントロールしづらいです。


回転を加えればさらに早くなりますが、ある一定を超えないと、とてもとりやすい


サーブになってしまいますので、無回転を目指しましょう。


理論上ボールの中心を垂直にたたければいいのですが・・・練習します。


サーブが狙えるようになれば、しっかり狙っていきましょう。


狙いどころは、1,2,3,4番の間ど真ん中。

2番の右側。(サイドライン側)

1番の左側。(サイドライン側)

あとはコートのカドです。

とにかく2番(セッター)に返らなければ成功です。


チームで早いサーブが打てる人が一人いたら、

他の人は、狙っていくサーブでバランスを取りましょう。



サーブは誰にも邪魔されないので、

上手になれば、必ずチームは勢いにのれます。


まず、サーブが上手になれば、チームに必ず必要な人になります。






最後に・・・(今回は長くなりました)


全てはイメージです。


練習も理想のプレーや結果をイメージしながらやれば、だんだんそれに近づいていきます。


プレーをマネてみようと、そのひと(理想のプレー)をイメージしながら


やってみることが、上手になる近道です。


全部のプレーが全部うまい人はいないので、


いろんな人の上手なプレーを良く見て、それをイメージしながらプレーすることです。


イメージしたプレーに近づいていく感覚を得れば、バレーをやめられなくなりますね。






スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0