オーバーハンドパス

Category: 研究
今日は基本中の基本のオーバーハンドパスを考えてみたいと思います。

ビーチボールはバレーボールと違い、ボールの重さがほとんどないので、

ボールをハンドリングするのはバレーボールより難しいかもしれません。

基本は変わらないのであとは慣れていくだけですが、

基本ができないと、高~いトスや、低いトス、早いトスなど、

いろんなトスが上げれないので、基本をしっかりしていくことが重要ですね。

基本は点で覚えていきましょう!

手はボールを包む形を額の上に作ります。

肘が少し曲がるくらいで手の位置を覚えてください。

オーバーパスをするときは、常にここからスタートです。

指はかるく広げます。

そしてそのままボールに手を当てていくと、失敗します。

ボールに手が触れる時が一番重要です。

注意することは、手のひらに当てるのではなく、指を使うことを意識しましょう。

特に、親指、人差し指、中指の3つです。

最初にボールを包むように手を構えてましたが、

ボールに触る瞬間はこの3つの指だけです。

ただ実際は手のひらに少しボールが触れます。

薬指、小指も触れるだけです。

なれると、小指でボールの方向を決めたりもします。

指とボールが触れる瞬間を常に意識しながらパスを練習していくことをお勧めします。

バレーは膝や腕の使い方も必要ですが、ビーチはボールの重さがないので、

手首の力だけでもボールを飛ばせますから、そこだけ練習してれば大丈夫だと思います。

スムーズに出来るようになったら、高さ、低さ、速さを変えて、

トスを思い通りに上げてみましょう。

これでボールが操れるようになれば、8割ビーチが上手く出来るようになると思います。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0