ブロックをかわす

Category: 研究
ブロックのかわしかたですが、

ブロックが完成してる状況と、そうでない状況がありますが、

今回は2枚完成してる状況を考えてみたいと思います。

ブロックをかわすとは、ブロックに当たらないように打つだけなんですが、

ブロックに当たらず、かつコートに決まるということですね。

アタッカーの人はまずは自分がどのくらいの高さからアタックを打てるのかを

確認しておきましょう。

ブロックより高い打点で打てる人はかわせる範囲も多くなりますが、

打点の低い人は工夫が必要です。





赤い丸に打てば、いいんですが、ジャンプしてブロックの空いてるところを

打つのはタイミングやトスが合わないと毎回は上手くいきません。

人によるかもしれませんが、私は2回見てます。

トスが上がる瞬間に何枚ブロックがくるか確認して助走しはじめます。

2回目は右腕を振り上げて、アタックモーションに入ったときに見ますが、

1~2秒の間なので、意識としてはクロス側に打つことを意識していて、

モーション中にストレート側が空いていれば、

そっちに腕を振るイメージにしてます。

ジャンプをしなければ、簡単にブロックはかわせますが、

ジャンプ中は自分の目の高さの位置が変わるので、

集中して見るのではなく、全体を広く見る感じもイメージしてます。

ボールを巻いて打てる人はブロックの上を狙う人も多いです。

よく間を狙って打ってくるなんて言われますが、

ブロックの間を狙うのはかなりリスクが高いのでそこを狙ってる人はいないと思います。

かわすことばかり考えて、ミスをすることもあるので、

ブロックをかわすのも1手段と考えた方がいいですね。

まずは、自分の打てる高さと、打てる範囲を確認してからやってみましょう。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0