フェイント

Category: 研究
アタッカーのフェイントのかけ方はいろいろあると思いますが、

やってることがわかるとレシーブも読みやすくなると思って、

アタッカーのやるフェイントを私の思いつくところで書いていきます。

まず、声で呼びます「もってこい」とか「こっちにあげて」とかいろいろ言います。

そうすると、相手のブロッカーはそっちにトスが上がるかもと思いますので、

1つ目のフェイクになります。

自分の方にトスがこなくてもいいです。味方アタッカーのブロックが減りますからね。

2つ目はトスが上がったら、ジャンプするまでの入り方、と身体の向きでブロックを誘導します。

身体の向きである程度ブロッカーはコースを絞ってジャンプしてきます。

3つ目は目線と腕を上げ打つ方向を決めます。

ここは2つ目のフェイクが上手くいってれば、そのまま打ちますが、そうではない場合は、

3つ目のフェイクも使います。

4つ目は相手のレシーバーの位置を見てフェイントします。

これも空中での時間がない時はできないし、すべやったあとも2枚、3枚キッチリついてくることは

多々あります。どうしてかというと、まったくフェイクも気にせず相手ブロッカーも動いてる場合もありますから、

ただアタッカーはそうやって決定率を高めようとしてますから、

やってることがわかれば、レシーバーは良くその辺を見ていけばいいと思います。

あとは癖を見抜くことも重要です。

ネットに近いトスが上がった時はよくフェイントをするとか、

離れたトスのときは、コートの奥を狙ってくるとか、

いろいろありますから、私も自分だったらこうするなと思いながら、やってます。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0