ビーチで出来そうなこと

Category: 研究
バレーボールで難しいけど、ビーチなら出来そうなプレーをたまに考えたりします。

何年か前の話ですが、全日本女子監督の真鍋監督が言ってました。

バレーの常識を疑え!

バレーは結局身長が高い人が有利なスポーツですから、

世界と戦うには、新しい戦術、新しい攻撃方法、守り方、発想が必要だということで、

こういう風に言われてました。

私もそうだなって思ます。

競技として広まっていったのは1922年頃といわれてますから、

まだ約100年ぐらいの歴史しかないということなんで、

いろんなプレーがまだまだあると感じてます。

前置きはこれくらいで・・・

今のところ、理想の攻撃は、

一回目のレシーブでトスのようにアタッカーにレシーブを上げ、それをそのまま打つ方法です。

なんだ2アタックかと思うかもしれませんが、

どのチームを見てもやってるチームはありません。

これの利点は2つあって、2アタックになるので、

相手のブロッカーがマークしにくくなる点と、

アタッカーにブロックがついても、反対のライトにトスできる点です。

全員にかなりのスキルは必要にはなりますが、

とてもいい攻撃ができると思います。

バレーではサーブも早いし、反対側のライトにトスする時にドリブルを取られる可能性か高いので、

なかなか出来ませんが、ビーチなら出来そうって思いました。


スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0