トスの高さ

Category: 研究
トスの高さは高く上げても、低くしてもいいんですが、

1番はアタッカーが打ちやすいトスがちょうどいい高さです。

これはプロでも問題になってたんですが、

早く低いトスは、ブロックを完成させる前に打てるので、

身長の低い日本人には非常に有効と思われ一時期低い平行トスを使ってましたが、

アタッカーが打つコースと高さを限定されるので、ブロックがあればつかまってしまうということになりました。

なので最近は、低いトスでもアタッカーがジャンプした後にブロックをかわせる時間を取れるように、

ちょっとふわっとした、低すぎず、早すぎずといったトスになってます。

ビーチはトスも失速してしまったり、空気抵抗でブレてしまうので、

高いトスも、低いトスも上げない方がいいと思います。

(一番難しい)

ただセッターはいいトスを上げようと考えると、トスミスをすると思いますので、

トスに苦手意識を持ってる人はなるべく何も考えず、ボールの方向を変えると思いながら、

機械的にやってた方がいいかもしれません。

高いトスの上げれる人は高いトスにしてもいいと思います。

その方が、アタッカーも何とかできるかもしれません。

高くトスが上げられるようになれば、カバーに入った時にも、

離れてても、トスを上げれたり、相手コートに返すことも出来るようになるので、

高く遠くに飛ばす練習もしておいてもいいと思います。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0