ブロックとサーブカット

Category: つぶやき
最近の練習でブロックプレーでオーバーネットが多いです。

基本はネットに身体がくっつくくらいまで近づいて、手を真上に上げてそのままです。

そこから、手を前に曲げたりするのはダメです。

9人制もオーバーネットは反則なので、ネットすれすれで真っ直ぐ飛んで、手も真っ直ぐ伸ばします。

9人制は審判団の方がいますので、かなり厳しく取ります。

ビーチは審判によりますが、ちょっとゆるいです。

ネットタッチを怖がって、ネットから少し離れて飛んで、手が少し前に出てる人が多いですが、

くせになってるので、とめようと思うとかなり手が出てます。

アタックをとめようと思うと自然に手が前に出るので、とめると考えるより、コースをふさぐと考えた方が

いいと思います。

ネットから身体が離れると、吸い込みの原因にもなりますので、ネットになるべく近いところでプレーすることが

いいブロックになると思います。

ブロックに遅れてしまうと、吸い込みしたり、間から打たれたりしますので、

早めに動くことが重要になりますから、先読みがまず必要になります。

どのアタッカーにトスが上がるのかを予測してブロックにつきましょう。

サーブレシーブが相手セッターにかえった位置で、どちらにあがってくるかを予測できますので、

そのあたりも見ながらブロックにつきましょう。

逆をいえば、第一レシーブの返球しだいで、相手ブロックの完成度が変わりますから、

セッターにきちんと返すことと、セッターも2アタックができるような形が理想です。

そこまでして、アタッカーがミスすればアタッカーの責任ですが、

ブロックもきっちりついていたり、レシーブ位置もよまれるようでしたら、

それぞれのミスになりますよね。結果全員のミスを減らしていくことが、点数に繋がると思います。

あと、自分では反則してないと思っても、見え方などによってはそう見えるので、

自分だけが正しいとか、誰が見てもそうでしょ思う肯定概念も良くないですよね。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0