サーブカット

Category: 研究
早いサーブや変化するサーブは第一にボールを上に上げることが大事なんですが、

ある程度サーブカットが出来るようになれば、次のステップに進みましょう。

ビーチはブロック3枚付くこともありますので、

サーブカットでアタッカーの負担を減らしてあげましょう。

アタッカーの負担を減らすというのは、ブロックを1枚、1.5枚にしてあげることです。

これはセッターの仕事でもあるんですが、まずはレシーバーのからのボールが返る場所が重要になってきます。



赤い位置に返すことがアタッカーの負担を減らすサーブカットです。

ブロッカーは基本はサーブを打った後に絵の位置にいます。

赤いところにボールが返れば、真ん中のブロッカーの選択肢は増えます。

「2アタックを打ってくるかもしれない」「レフト側に上げるかもしれない」「ライト側にあげるかもしれない」

こんな風に考えてます。

こうなると、どうやってもブロッカーの反応は遅れますので、

レフトに上げた場合でも、クロス側が空いたり、ブロッカーの間が空くので、

アタッカーは決めやすくなります。

ブロックを間にアタックを打ったり、クロスにアタックを決めたりとアタッカーの技術のように

思うかもしれませんが、よくよく考えれば、レシーブのおかげだし、セッターのおかげなんです。

3回で相手のコートに返す間にいろんな相手の考えや、行動を考えていけば、

いろんな戦術が出来ると思います。

アタッカーはアタックが決まって、喜ぶのはレシーバーとセッターの為です。

レシーバーとセッターはアタッカーの喜ぶ顔がみたいとプレーすることが、

チームにいいムードや流れを起こしていくと思ってます。

苦しくなってきた時こそ、基本プレーを大切にしていくことが大事ですね。

全日本女子ですが、今回の戦術ハイブリット6はの肝はサーブカットです。

まずサーブカットがAパス(セッターのトスアップする最適の場所)にならないと、

何も始まりません。

今年のワールドカップバレーはそんなところも注目して見てもおもしろいかなと思います。

男子も迫力ありますよ(笑)





スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0