巻き打ち3

Category: 研究
先日、U村さんから前回の練習のDVDを頂きました。

見ていて思ってのは、私のサーブレシーブポジションは後ろの方にブラインド状態に

なってることが多いんだなって思いました。

自分が思ってたより自分がでかい事にショックを受けました。

巻いて打つのも、もっとかぶって打っていいのかなって感じましたし、

力ももう少し抜いて打たないと巻いた意味がなくなるなって思いました。

DVDありがとうございました。

特に自分のプレーを見たことがなかったので、新鮮でした。


また、巻き打ちについて

私事ですが、成長が止まった気がします。

新たな壁がやってきたといいますか、ある一定以上回転のスピードが上がらなくなりました。

巻こうとして力が入ってきてるのが原因かなって思ってるんですが、

模索してます。

理想は斜め上に打ってブロックの頭を超えラインの奥にボールを落とすことなんですが、

最近は、斜め上に打ってブロックの上を越えたとして、はたして鋭いアタックが打てるのかなって

思ってます。

不可能ではないと思うのですが、巻きを違った方向に生かせないかなって考えてます。

ボールを捉えるポイントが低くなると思ってましたが、

手にかかる時間が長くなっただけで、打点はあまり変わってない気がします。

巻こうと打つ事でブロックの指に当たることが多くなってきました。

去年の三原の試合で、ジパングの選手の巻いた打ち方を見ましたが、

かなりかぶって打ってましたし、ボールの上をこするような感じで打ってました。

どう見ても斜め上に打ってるような感じはしなかったです。

なかなかなれないですが、めちゃくちゃかぶってアタックすることを心がけていきたいと思います。




スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0