ボールの回転

Category: 研究
ビーチはわざとボールに回転をかけてボールをコントロールする

技術があります。私はあまりやらないし、まだ出来ない事が多いです。

特に巻き打ちと呼ばれる独特の技があります。

私はできませんが、理論を今日は考えたいと思います。

巻打ちをいろんな方に聞いても、感覚として出来てる部分がほとんどなので、

これといったやり方は聞けていません。

巻き方も縦巻、横巻といった、縦に回転をかけてくものや、

少し横向きにかけていく方法など、いろいろあるようです。

使い方はいろいろあると思いますが、

アタックで打つときで有効とされてます。

打ち方は(人から聞いた話ですが)手の平全体にボールをそわせて打つ感じ?

説明が難しい・・・



絵のようにバレーではミートしているところが赤い部分でまっすぐボールを押すのに対し、

ビーチの巻き打ちは手をボールにそわせて回転をかけていくので、ミートしている箇所が

一点ですが位置はバレーのミート位置より下になると思います。

感覚的にはボールの下から上に回転をかけていくようにだと思いますが、

実際は横から上に瞬時に手を巻きつけていると思います。

バレー打ちでも実は自然にドライブ回転はかかりますが、

ビーチのボールは柔らかいのでドライブ回転はほぼかかりません。

ですので、巻き打ちでボールにドライブ回転をかけていくというわけですね。

ジャンプするときも人によっては、ボールにかぶる状態で打つ人やそうでない人もいます。

かぶる状態はジャンプしたときにボールが自分のミートポイントより

身体側にきている状態です。


絵の右上の状態です。

感覚ですが、かぶった状態で下から上に腕を振っていく感じとか

手の平と手首を使って、ボールに回転を与えてくようにしていく感じとか

こんな感じらしいです。

私が思うに、ミートするポイントとタイミングが重要じゃないかなと思ってます。

バレーの打ち方は肘が伸びて手首が返ってミートする順番になりますが、

巻き打ちは肘が伸びる前にミートしてミートした状態で肘が伸び(伸びない人も)手首が返ってると

と思います。

ミートする瞬間は一瞬なので巻き打ちは非常に難しいです。

ただ共通していたのは、

何回も巻こうと思って打っていたら、

出来るようになったという人がほとんどでした。

あと、みんな自己流なんで、こうしたらできるとかはなかったです。




スポンサーサイト

コメント:1

横まき というか 斜め巻き 球の打ち方

浅沼 
タテ巻き ではないのですが

横まき というより 斜め巻き球 を 良く使っています

以下の 動画で説明しているので 参考になれば 見てください



【巻き球】

・ ビーチボール アタック 【巻きタマ】 の 打ち方を解説
http://youtu.be/tyzwjJGauW4

・ ビーチボール アタック 【巻きタマ】 の 打ち方 正面から と 後ろから
http://youtu.be/xesvxXTy71k


・ビーチボール アタック 【巻きタマ】 の 打ち方を ホワイトボードで解説
http://youtu.be/h6Bpk7zVmkA

コメントの投稿

トラックバック:0