Category: 未分類
Tのつぶやき・・・




ビーチボールのレシーブはバレーボールと違うと思います。



まずバレーボールのレシーブは相手チームがサーブカットしてからはじまってます。



セッターに返ってくるボールの位置で誰が打ってくるのかを予測します。



ボールがセッターの最初の位置から離れた所に返球があった場合は、センター攻撃の可能性は少なくなります。



なので、コートの隅に移動します。



それから、セッターからのトスの方向やアタッカーのジャンプする位置を見て、



前後どの位置にボールが落ちるか予想します。(ここから情報量が多くなります)



そのあと、アタッカーが打ちだすモーションの間に左右どちらに打つか予測し、左右の調整をします。



その間ブロックの位置にかぶらないように位置取りしましょう。



最終的にアタッカーと目が合えばベストポジションです。



打った瞬間に少し前にでながらレシーブします。



この一連の動作を無意識で行わないといけません。






ビーチは少し違います。



最初の相手がサーブカットしてから2アタック(セッターのアタック)の注意が必要です。



ビーチの場合どこからでも打ってくる方が多いですが、



基本的にネットからアタックラインの間に返ってきたボールは50%と思ってもいいでしょう。



アタックラインより向こうはトスになる傾向が多いと思います。



2アタックはブロッカーの影に隠れて見えなかったり、ジャンプモーションがないので、



レシーブ位置は予測しづらいです。



なので、コートの真ん中に位置するのが良いと思います。



セッターからトスが上がった場合は、ほとんどバレーのレシーブと同じですが、



レシーブ位置は、真ん中少し後ろでいいと思います。



ビーチには巻き打ちというものがあって、ブロックの上を越えてボールが飛んできます。



ですから、この位置固定でほぼ大丈夫だと思います。



あとは、ブロックに飛んでない人がブロックをかわしてくるとこに位置取り、



もう一人の人は、フェイントも頭に入れつつ真ん中少し後ろでOKです。



ビーチのレシーブの仕方は膝を少し曲げる程度でいいと思います。



バレーでは、最初から腰を落とした方が良いのですが、ビーチは初速と終速の差があるので、



ボールが打たれた瞬間もしくは目の前にきた瞬間に腰を落とした方が変化するボールに対応できると思います。



どうしても、初速のボールで位置取りを判断してしまうので、腰を落とす動作を加えたら、



終速を待つ形でボールを追えるので、その方がいいと思いました。



ビーチはボールも大きいので空気抵抗をうけて変化が激しいです。



目も前に来たボールを手や身体で反応して取った方が上手にレシーブできると思います。



取れると頭で感じた時に、取れない時が多い人はやってみて下さい





最後に・・




どんな早いアタックや変化するサーブも手や上半身に当たれば、ボールはゆっくりになります。



1センチでも上がれば、あとは周りの人がカバーすれば、必ず繋がります。


スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0