いいトス、わるいトス

Category: 研究
今回も技術的な話ではありません。

トスをあげた時に、「いいトス上がった」

「ちょっとわるいトスになった」

いろいろ思うと思います。

トスをあげる人は当然変なところに上げようとは

思ってませんので、いいトスを上げようとプレーしてます。

いいトスって何??

アタッカー目線とセッター目線で変わります。

優先すべきは、アタッカー目線です。

いくらセッターがいいトスだと思っても、

そのアタッカーには打ちにくいのかもしれません。

アタッカーもいろいろとタイプがありますから、

そこは気をつけてあげないといけません。

高いトスが打ちやすい人もいれば、低くて速い方がいい人

ネット近くのボールが打ちやすい人、ネットから離れた方がいい人と

いろいろ得意不得意があります。

その人が打ちやすいところに上げて上げるのが一番いいトスになります。

逆にわるいトスはアタッカーの打ちにくいところに上げる、または上がった場合になりますが、

アタッカーとしては多少打ちにくいところにボールが上がっても、

何とか決めようと打ちますから、失敗の確率は高くなるかもしれない程度

なので、実はわるいトスはありません。

私の思うわるいトスは、こんなのです

1つのプレーはアタッカー、セッター、レシーバー、それぞれチームメイトがどう考えてるのかで

変わってきます。

セッターの気持ちとして、「今のどうして決めれないの?」「どうしてそんな打ち方してミスするの」

など思ったことが、私もありましたし、皆さんも少しは思ったことあると思います。

アタッカーの気持ちになれば、アタッカーとしては「なんでもう少し高く上げてくれないの?」

「そこに上がったら俺はクロスしか打てない」

と思ってるかもしれませんし、レシーバーは

「今の何とか拾ったのに決まらないのか」「せっかく拾ったのにあれは決めてくれないと」

と思ってるかもしれません。

人間ですから、みんな思う時もあります。

これが口に出たり、態度にあらわれてくるとチームのムードが悪くなります。

そうなるとわるいトスになるんじゃないかなって思います。

トスだけでなくプレーですね。


みんながいいトスを上げようと心がけて、アタッカーもセッターが上げてくれた

トスを何が何でも決めるという気持ちと、レシーバーも絶対にボールを落とさないって気持ち

を持ってやることがいいトスに繋がると思います。

後はアタッカーさんとの細かい話し合いは必要ですね。


スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0