ふとっ

Category: 思い出
Tです。

今、暇なんでバレーのこと考えていたら、

高校の時の事を思い出したんで、

新たに思い出のカテゴリを作ってみました。

高校時代にMITAという同級生がいました。

MITAの身長は低かったのですが、(多分155くらい)運動神経はかなり高かったと思います。

彼はセッターをしていてトスは非常に綺麗でした。正確でしたね。

足も早かったですし、第2セッターとしてベンチにも入ってました。

(正セッターは身長も高く県内でも有名な選手でした。)

私は彼と、もう一人YOKOIといつも一緒にいました。

彼からある日新しいトスを開発したから見て欲しいと言われ見てました。

普通トスをあげるときはボールが手に落ちてきてそれを上げますが、

彼の開発したトスは、ジャンプトスの状態からボールと一緒に着地して

着地した同時にトスをあげる、時間差トスというものでした。

結局みんなからアタッカーもタイミングがずれるし、

誰もセッターに合わせてジャンプしないから意味がないとつっこまれ、

ボツになりましたが、他にも両手でトスすると見せかけ、

片手トスしたり、ジャンプトス中に自ら回転したり、

いろいろ見ましたがすべてボツになりました。

実際彼も、試合でやる勇気はなく練習ときにたまにやるくらいでした。

当時はおふざけの感じで見てましたし、彼もそんな感じだと思ってましたが、

当時の私はバレーをやらされてる感でいっぱいでしたので、MITAのように

バレーに対してこうしたらもっといい攻撃ができるとか、

おもしろいバレーが出来るなんて考えてもいませんでした。

彼は背が低いのもあったのかもしれませんが、いろいろ考えてました。

今、思うともったいなかったなって思います。

高校生の時期は一番伸びる時期です。

MITAのようにちゃんとバレーに対し熱い思いで向き合っていたらと思ってしまいます。

今はバレーやってるってきいてないですが、

バレーやめたあと、スケボーで全国大会に出たとか聞いてます。

一つ好きなのものを見つけて集中してやることって

すごく重要なんだなって思いました。

あの時にバレーを今ぐらい好きになっていたら、良かったのになって思ってしまいました。

スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0