ブロックたられば

Category: 研究
久しぶりにたらればアップします。

ブロックを詳しく・・・





ネットを超えて手を出してはいけません。

ボールがない時もダメです。

ここはグレーゾーンですが、出でないように見えれば出てないです。

審判の判断になりますので

自分では出てないのにと思っても

出てます。

ですのでネットのから手が出ないようにネットに手をそわせてまっすぐ伸ばします。

手の指はまっすぐではなく、広げて少し曲げます。

913ef9b30633ddce42f1d888971b4910_20140723110026f12.jpg
真ん中の例がOKです。

親指を上に伸ばすイメージで指を広げます。

その時に親指と小指に力を入れます。そうすると指全体に力がかかり

突き指などがなくなります。

注意することは指に力を入れた時に手が前にでないことを気をつけましょう。

ネット上に手のひらが出ればOKですが、

高ければ高いほどブロックは驚異になりますのでジャンプしてみてもいいです。

ジャンプも全力で飛ばなくてもいいので、

その場でジャンプするだけです。

体はネットに近いほうがいいです。

ネットから体が離れてしまうと、吸い込みや、顔面ブロックをしてしまいますので、

ネットの近くで飛びましょう。

ジャンプするタイミングは、基本は相手のアタッカーと同時がいいです。

相手アタッカーとの身長差やジャンプ力を見極めて少し遅れて飛んでもいい場合はあります。

しかし、相手の打つタイミングに合わなければ、吸い込みや当て逃げの可能性が高くなるので、

あまりずらさない方がいいと思います。

ここまでは基本ですが、ブロックは何気に奥が深いです。

ブロックは色々と役に立ちます。

まず心理効果、相手アタッカーにプレッシャーを与えます。

手が相手に見えるほど効果を発揮しますので、

顔の前に手のひらというイメージです。

ブロックが決まれば、相手はミスをしやすくなります。

結果的には心理的にちょっとずつアタッカーにマイナスイメージを与える効果があります。


次は打つコースを限定させることです。

ブロックを2枚きっちり揃えれば相手アタッカーの打つコースは

限られます。

打つコースを限定させてそこにレシーバーを入れれば

レシーブもひろえる確率を高められます。

なので、レシーブする人に意思を伝えておくといいですね。

次は、先よみ

いつも同じとこでブロックするのではなくトスが上がった位置や

アタッカーのアタックする位置を瞬時に見てブロックします。

これは経験がいります。

レシーブの時にも必要なのですが、相手の事をよく見ておくことが重要です。

ブロックは相手との距離が近いので、

相手の顔をよく見ておきましょう。細かく言えば目がいいですね。

目線の動き、アタックに入る前の目の動きなどです。

相手の考えをよむ事が相手にプレッシャーを与えます。

コースを限定させるときに相手の打つコースをよんでブロックを動かして

ブロックを抜かれるなんてことがないようにしましょう。



ブロックを上から打たれる人も諦めずブロックしましょう。

ブロックがあるのとないのでは、

相手アタッカーの気持ちが全然変わります。

ブロックは1枚は付きましょう。


アタッカーの打てるコースや落とす場所は

ある程度決まってますので、

その軌道上に手を出しておけば、

ブロックは高く飛ばなくても止めることは出来ます。

ブロックとレシーブは実は一体なのでブロックとレシーブの連携が必要です。

ブロッカーはどこのコースをおさえればレシーブしやすいか、

どうしたらアタッカーにミスさせることができるか、

色々と考えないといけませんし、重要なプレーです。

目をつむって飛んでいたらダメですよ。










スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0