サーブ

Category: 研究
最近、新しくはじめたばかりの人が増えたので、

また、たられば書いていきます。

やっぱりサーブで迷宮入りしちゃいますよね。

サーブの基本ルールから説明します。

1.下からサーブを打つ事

これは大丈夫だと思いますが、注意点として横に腕を振ってはいけません。



こんな感じで振り終わりが身体の中心から内側にいくと駄目です。

手を後ろに引くときも基本はまっすぐです。


2.足が動いてはいけません。

サーブは足を揃えて打つか、一歩前に出して打つかどちらかになります。

両足を揃えて打つ場合は重心移動(前後)がありませんから

足が動くことはありませんが、重心移動(前後)がない分腕の振りの力で

サーブを打つ事になるので、サーブは遅くなります。

天井サーブや、回転をかけるサーブ、無回転サーブはこちらがいいと思います。

足を一歩前に出して打つときは腕を振ったときの反動を逃がすことが出来るので、

速いサーブを打つのに良いです。

だいたい、この2点を守れば、OKです。

サーブの目的は相手の第一レシーブを崩す事が重要です。

遅くても、速くても、とにかくチャンスボールにならなければ良いです。


今日見ていて、みんなサーブで迷宮入りしてました。

感覚でしか伝えれないですけど、ボールを捉える位置は

身体に近い位置で右手で打つ人は右足の太ももの横辺りでミートする

感じです。

ミートのときは腕は伸びきっている状態で、なるべく手の先でミートします。

指先をまっすぐ伸ばして指先に当てて打つぐらいの感じです。

そのときネットの白帯にかかる感じがいいです。

後は打ち込んでいけば、そのうち身体がミートポイントを覚えていきます。

重心は後ろにかかっている人は、ミーとポイントがもっと後ろになると思います。

なかなか上手くいかない人は、

左手のボールの投げ上げを練習してみましょう。

まず左手でボールをミートできる位置にボールを投げないといけません。

片手でボールをコントロールするところからはじめてはどうでしょう。

暇なときに片手でボールを投げ上げてみたり、ポンポンとはじいてみたり

結構最初は難しいと思います。

こうゆうボールの扱いが上手くなると、他のプレーも上手くなるので結構大事です。

サーブは

投げ上げ、腕振り、ミートと3つの動作を行いますので、まずはひとつひとつやってみても

いいと思います。  

サーブが良くなれば、点数が取りやすくなるので是非マスターしていきたいですね。



スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0