レシーブ

Category: 研究
最近9人制バレーの練習をしていて、ビーチのレシーブと結構違うかなと感じました。


普通のバレーボールはボールが硬いし、早いのでレシーブをしたときに、


手が痛いです。いつもはビーチしてるからとにかくボールが重いッス!!


レシーブするとき実は飛んでくるボールの威力を弱めるために、


少し腕を引いたり、膝をやわらかくしたりして威力を吸収させてボールを上に上げています。


無意識でやっている動作なので、そのあたりがビーチとはまったく違いました。


ビーチは威力吸収する必要がほとんどなく(ある程度はボール自体で吸収)


片手でも当てさえすれば上に上がります。


だから、構えやポジショニングも普通のバレーとと変えていかないと


いけないなと思いました。


ビーチのレシーブの難しいところは


ボールの起動が変化するところ


ですよね。


取れないボールはあるので(早いボール、落ちるボール)それ以外の


ボールを取れないと悔しいです。


たぶんボールを最後まで(手に当たるまで)見てないんだなって思います。


取れるって思ったボールが指の先や手の横に当たって、


悔しい思いをしたことが何度もあります。


その辺を直していきたいです。


スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0