予測

Category: 研究
Tです。


どのスポーツに関しても大事な事になってくると思うんですが、


予測が出来れば、次の動作も素早く出来るし、流れも引き寄せる事もできると思っています。


一つ一つ考えていきたいと思います。


これはプレーしている時の予測になります。


何を予測するかというと、何でもいいです。


とりあえず、ブロックに関して1プレーでどこまで予測できるか


考えてみると、ブロッカーはアタッカーをブロックする為に


アタッカーにアタックさせないようにアタッカーの前に手出します。


その時にただ単に壁を作るだけで飛ぶのか、予測して飛ぶのかでは、


結果は違ってきます。


ブロッカーの予測はアタッカーの打つコースがわかればいいですよね。


アタッカーの打つコースってどうやったら予測できるでしょう??


私もいろいろと人から聞いたり、自分で考えたりしましたが、今回はあくまで参考として


見て下さいね。


まず、アタッカーのジャンプする位置これは皆さん見てると思います。


基本は踏み込んでいる足の正面に自分の右足がくる感じの位置で飛ぶこと。


それから、顔の向いている方向と体の方向です。アタッカーの飛んだ時身体の向きで打つ方向が絞られます。


そして、相手の目です。上手い人は打つ前に、ブロックやコートを眼で追いますので、目を見てもいいと思います。


他にもアタッカーの癖などで、見るところは増えてきます。


ホントに一瞬ですが、それらを見てどこにボールを打ってくるのかを予測し、手を出すことで、


ブロックできるか出来ないかが変わってきます。


最初は一つ一つ意識していかないとなかなか出来ないプレーです。


上手な人は一つのプレーをする一瞬で沢山の情報から予測してプレーしています。


良く頭を使ってプレーしろって言われていたのはそうゆう事ですね。


ゴルフをやっている方から聞いた話ですが、


まず一つ一つの動作を意識して練習するんだという話です。知ってる人も多いと思いますが、


まず、トップの位置で構えそれを身体がおぼえるまで、ジッとして、次にスイングの途中で


止めてそれをおぼえさせ、インパクトのフォームで、フォロースルーでという風に、一つ一つ


意識して身体におぼえさせて、フォームを作っていくやり方です。


最初は窮屈でなれないですが、身体が覚えてしまえば、無意識に何回やっても同じフォームで


出来るようになるんですが、予測も一緒だと思います。


一つ一つ意識して何故その位置で飛んだのかとか、何故そこに打とうと思ったのか


という答えを一つ一つのプレーに明確にもっていれば、


予測も一瞬で出来て身体も自然に動いて、また新たな発見があるかもしれませんね。



昔、監督によく「なんで今のプレーをしたんだ」と怒られてましたが、


心の中では「何ででしょう??」と分かってませんでした。


それが理解出来てたら、もっとバレーが上手くなってたんじゃないかなって思います。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0